rogo5.jpg


目次
1・敷金返還トラブル

2・敷金返還トラブルでお悩みの方へ

3・敷金返還トラブルの争点汚れの問題

4・敷金返還トラブル商材のいろいろ

5・敷金の返還トラブルの予防

6・敷金返還トラブル解決法

7・用語集と対応地域



図解不動産業 現状回復と敷金精算入門―賃貸住宅の敷金査定・精算トラブル防止策 (図解不動産業シリーズ) (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
敷金精算について国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が出たが実際はトラブルが多い。不動産業者がどのような点に注意し、どう対処したらよいか、現場での実践的解決法をマンガでわかりやすく解説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
関 輝夫
昭和30年、茨城県水戸市生まれ。昭和53年、明治学院大学法学部卒業。現在、千葉市中央区にて丸一土地建物(株)および関行政書士事務所を営む。(社)千葉県宅地建物取引業協会千葉支部賃貸借問題研究会座長。(財)日本賃貸住宅管理協会理事、同原状回復研究部会会長。平成16年、アメリカ賃貸住宅管理士資格(CPM)を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
相互リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。