rogo5.jpg


目次
1・敷金返還トラブル

2・敷金返還トラブルでお悩みの方へ

3・敷金返還トラブルの争点汚れの問題

4・敷金返還トラブル商材のいろいろ

5・敷金の返還トラブルの予防

6・敷金返還トラブル解決法

7・用語集と対応地域



敷金返還トラブル



敷金返還でトラブルでお悩みの方へ


敷金返還でトラブルの苦情が急増しています。

入居時に預けた敷金が返還されないというトラブルです。

トラブルがあまりにも多く、社会問題に!

そこで国土交通省が原状回復ガイドラインを作成されました。

それで、はっきりと消費者のも基準がわかる様になりました。

敷金及び保証金は、物件を明け渡したあとに、退去時に

全額返還されるべきのもので、未払賃料があればこれを

控除した上で返還されるものとして位置付けられました。

でも、知ってか知らずか多くの消費者は多少の修繕に

ついては、言われるがままに支払っているようです。

敷金返還のトラブルの場合は、まず原状回復ガイドライン

をしっかり読んで、不動産会社と交渉して下さい。

業者さんによっては相手にもしてくれない、もしくは、いろいろと

難しい事をいってくる場合があります。

そういう時は無料相談機関を利用することをおすすめします。

契約内容についても聞かれますので、契約書を準備してから

問い合わせて下さい。

何故こういう問題があるのでしょう。

一番の要因は、悪徳不動産会社の敷金は不動産業者の売り上げ

的な慣習で、消費者にはわからないだろうという

発想があるからではないでしょうか?


そもそも、壁紙の汚れ、畳の傷み等住んでいれば汚れて

当然です。損傷して当たり前なのです。

そういうものは毎月の家賃の中に入ってるもの

なんですから、しっかりとした主張をしましょう〜

もしご自分では難しいという方は、専門に代行

するところもありますので、参考にされたらいいでしょう



敷金返還トラブル一発解消テクニック





ご質問はお気軽にどうぞ


ハウスクリーニングについてもこれと同様の考えです。例えハウスク

リーニング代で私の支払いが必要になったとしても「全額」というのは

絶対おかしいと思い、不動産屋の問い合わせたところ

「大家さんの意向えすのでと言うわれました。それに「契約書に書いて

あるでしょう」と言うのです。

素人の私としては、なんかやっぱりそういうものなのかな〜〜っ

て・・・・・



それから数ヶ月の事です。散々嫌なおもいをした私の前に興味のある

見出しをみつけたんです。

敷金の返還とか、賃貸のトラブルになったことはありませんか!ん〜

〜あるある〜〜

そうおもってその紹介記事を読んでるとえ〜〜絶句したのです。もっ

と知りたくなって詳細を手に入れてみたところ私が経験した事は自分

が負担しなくて良い事をしったのです。


ほとんどの不動産屋はこんなこといってなにも知らない消費者を上手

くいいくるめたのだと・・・・

次へ・・・・

敷金返還トラブルでお悩みの方へ



敷金返還でトラブルのお悩みの方へ


なぜ、清掃費等を借りてる側が払わなくてもいいのか?というと

それが消費者契約法という法律に触れるからだそうです。

消費者契約法この情報はあるサイトで配布されている敷金返還トラブルに

関する無料冊子で手に入れた専門家の情報なので間違いない

はずです^^




もしあなたも敷金の返還でトラブルでお悩みなら


この無料冊子は消費者契約法などきっと役に

立つとおもいますよ〜^^



リンクを貼っておきますのでよろしければ、見てください。

注)そのサイトの中で有料サイトも紹介していますが、とりあえず

有料の方は無視していいと思いますよ。

無料冊子だけでも十分得るものがありますのでね〜^^

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

敷金返還トラブル一発解消テクニック



無料レポート配布中というところです。

完全無料ですから安心してくださいね〜〜

次へ・・・・・

敷金返還トラブルの争点汚れの問題



敷金返還トラブルになる汚れ

普通に使って損耗するのは、当然、コレは家主負担です。

通常使用による損耗や日焼けなどの経年変化も、家主負担です。

家主によって判断がわかれ敷金返還トラブルの争点に

なりそうなところもいくつかあります。

普通に使ってというのは、どこまでを示すのかですが、

だいたい、故意に損傷させたもの意外は家主負担だと

思います。

長く住むと自然と汚れ消耗する部分は当り前です。

しかし、故意でないにしても規則(契約書)を破った

上でのものに対しては借主側の責任を問われても

仕方のないことかもしれません。

例えば、ペット禁止の部屋で飼って板張りを爪などで、

傷つける、尿なので腐る等などさまざまあるかと

おもいますが、契約書にかかれてる条件で入居した

以上はそのルールを守ったうえで、主張したい所です。



敷金返還トラブルについての無料冊子は読まれましたか?

まだお読みでない方は無料で参考になりますよ
   
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
(こちらでのサイトで敷金返還に関する無料冊子が配布中です)
 



このサイトでは敷金返還トラブルの有料マニュアルも

売られていたので購入してみたのですがこれが結構

役にたったんです^_^

最初はこういったマニュアルをインターネットで買うことに


抵抗がありましたが、私は敷金トラブルに悩まされて


いましたので思い切って購入したんですが、それはもう、


すごく参考になるばかりか簡単でそれほどの手間もないんです。

特に○○のことなんかはちまたじゃ手に入らない情報

でしたしテンプレートがありますからすごく

簡単にできるんです。




もしよろしかったらお悩みならご検討してみてくださいね〜^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

敷金返還トラブル一発解消テクニック



購入に関してご質問等がございましたら、ご遠慮なくどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ

敷金返還トラブル商材のいろいろ

賃貸トラブルのマニュアルをあつめてみました


マニュアル



マニュアル



マニュアル





じつは、値段以外にもいろいろないいところがあって

私はこのマニュアルを選んだんです。

私がおすすめしているマニュアルを購入したのは、主に

次のような長所がいいと思ったからなんです。



僕の申し込んだ通常コースというマニュアルでは、

なんと敷金が返金されるまで、無期限で手厚いサポートが

メールで受けられるのです。



マニュアルだけ渡されて、では、すこしわかりにくい点が

あってつまずくとやめてしまうとおもったんです。

難しくなってわからなくなったらどうしようも

ないですものです、しかし

その点購入後にサポートしてもらえて無理なく

実行できるのならと思い選びました。



しかも敷金が戻らなければ購入金額を返して

もらえるという返金保証までついてるんですよ。

とても良心的でしょう?

サポートしていただいたおかげで、次の引っ越しの際には

自分ひとりで敷金返還を受けることができる

知識を身につけることができました。


知らずにこまってる会社の人に友達にと相談にも

乗ってあげる事ができますしね。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

敷金返還トラブル一発解消テクニック


ご質問がありましたら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お気軽にこちらに連絡くださいねー。

敷金の返還トラブルの予防



敷金返還トラブルの予防

あなたは大丈夫?敷金にまつわる恐い話

僕も敷金トラブルに陥るまでは、敷金ってよほど部屋を故意に傷めた

りしなければ戻って来ると思ってました。

でも、違うんです。、たくさんの敷金トラブルが、今も起こり続けて

いるのです。



しかし、なぜこの敷金返還トラブルが、後を絶

たないのかわかりますか?

敷金の返還トラブルの予防として

まず部屋を借りるときには賃貸契約書をよく読み、

おかしい条項などがないかを確認してください。

入居時には部屋の写真を取っておいて保管しておきましょう。

そして退去時には貸主に立ち会ってもらい一緒に

修繕箇所を確認しましょう。


敷金とは本来家賃を滞納したり、借主の不注意による建物の

破損に対する弁済に当てられるものなんです。

壁に穴をあけてしまった、タバコの焦げ目を

つけてしまったりなど通常の使用の範囲を超えた損耗部分

などは上記の「原状回復義務」にあたるため修繕費用を

負担しなくてはならない場合も。

ですが、普通に使っていても付いてしまう畳の日焼けや

壁の汚れにたいしてはこの義務はなく、貸主の負担で

修繕するべきものとされます。

たとえ賃貸契約書にこういった普通に使っていても

付いてしまうような汚れに対しても借主の負担で

修繕しなくてはいけないという内容の事項が

盛り込まれてある場合もありますが、借主は修繕費用を

負担しなくてもよいという判例もあります。

ですから一概にはいうえない場合もありますが。



まずは、無料レポートだけでも読んでみて、

いくらくらい敷金が戻ってくるか。

参考になります。

行動しなければ、なにもはじまりません!

敷金返還トラブル一発解消テクニック




また既にだいぶん前に敷金を支払ってしまった方でも大丈夫です。


ご質問がありましたらお気軽に

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こちらに連絡くださいねー。

敷金返還トラブル解決法

アパートや借家住まいを経験された方は、敷金について一度は疑問を持たれたことがあるでしょう。

本来、敷金とは賃借人が家賃を滞納した場合や、

賃借人の行為により、あまりにもひどい損耗が生じた

場合の保険です。

基本的に敷金の大部分は返還されないとおかしいのです。

自然損耗による傷みは貸す方が負担すべきものです。

ですから自然損耗による傷みには敷金より清算する

必要などないのです。

貸主がどうしても敷金を返してくれない場合、

簡易裁判所で敷金返還トラブルについて少額訴訟を起こせます。

費用はそんなにかかりませんし、

訴訟自体は基本的に和解という形式で直ぐに終わる事が

大半です。

勇気えおもって行動したいところです。



敷金返還トラブル一発解消テクニック




購入に関してご質問等がございましたら、ご遠慮なくどうぞ
ご質問はこちらからお気軽にどうぞ

用語集と対応地域

 用語集と対応地域

敷金返還トラブルとは、敷金に関するトラブルの事をいいます。

敷金トラブルの中でもエイブルによる敷金返還トラブル

が多いいようです。

敷金トラブルでお悩みの方の相談窓口があるそうです。

たくさんの方が賃貸の敷金トラブルで悩んでおられるようです。

あなたは敷金トラブルになった事はありませんか?

相談窓口などでお聞きするのもいいかもしれませんね。

でもどこまで親身になってくれるかですけれど^^


一般に言われてる用語をご紹介しておきますね


☆敷金=敷金とは退室する際に、入居中に破損させてしまった、部屋

の設備を修理するための料金で、それを入居前に先払いしているので

す。


なぜ先払いかというと、退室の時に料金を支払えないとなると、壊れ

た状態で、入居者を募集しなければならなくなり、色々と問題が起こ

るからです。よって、敷金は、修理した後残った金額は返金されま

す。

これは、敷金なしという物件でも、結局設備を破損させていたなら、

請求される料金なので、敷金なしの物件が安いと単純に考えてはいけ

ません。



☆ 礼金=礼金は、入居前に家主さんに支払う料金です。

これは、最初に契約した年数分の家賃を先に支払っているのです。

なぜかといいますと、1年で契約している入居者が、突然1年未満で

退室しなければならなくなったとします。

そうすると、家主からすれば、大きな痛手です。

もし、その退室する月が2月・3月なら、すぐに入居者も見つかるで

しょうが、それ以外の月ならまず入居希望者はみつかりません。

そもそも、1年間という期間借りるとして契約したのだから、家主と

しても納得いかないものがあるでしょう。

そういうわけで、契約年数分の家賃から、少しづつ先に支払っておい

ている料金が礼金なのです。

ですから、礼金なしのマンションより、その分家賃が安くなるので

す。



☆仲介手数料=仲介会社の媒介などによって不動産の取引をしたと

きに、業者に支払う報酬のこと。媒介報酬ともいう。

宅建業法では成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依

頼をしても取引が成立しなければ支払う必要はない。

仲介手数料の金額の上限は宅建業法で決められている。


☆更新料=賃貸借契約の更新をする際に支払う一時金の一種。借地借

家法上に明確な規定があるわけではないので、仮に賃貸借契約書に更

新料にかかわる条項がなければ、借り手は更新料を支払う義務はな

い。契約書に明記してあれば、支払わないと契約違反になる。
   
貸家の場合は新規家賃の1〜2か月分の更新料をあらかじめ契約書に盛

り込んでいることが多い。


☆ 申込金=申込金とは、物件の購入希望者が、その優先順位を確保

するためや、購入の意志があることを証明するために支払われるも

の。



☆手付金=すでに契約が始まっていることを示すものだが、申込金に

は交渉中の意思表示という以外の意味はない。



☆ 解約予告=現在借りている部屋を解約する際、契約書に定めてあ

る日時までに貸主や管理会社に通知しておくこと。

1ヵ月〜3ヵ月前までの範囲で定めているケースが多いが、民法上は

3ヵ月前まで。仮に途中で退去しても、その間は家賃が発生する。



☆ 管理費=集合住宅において、共用部分の維持・管理のために家賃

とは別に毎月支払う費用で、共益費ともいう。

例えば仲介手数料などで「家賃○ヵ月分」と表現する場合の金額には

含まない。



☆原状回復義務=解約および契約終了時に、借主が故意・過失によっ

て行った賃貸物件の変更部分を元の状態に戻す義務の

ことで、敷金・保証金からの減額や実費の支払いでまかなう。ただし

通常使用範囲内での劣化等は含まれない。

厳密な区分が難しいため、国土交通省によりガイドラインが示されて

いる。


このテキストは、東京・大阪・名古屋・福岡等の主要都市は勿論の事、北は東北・北海道から南は沖縄まで

全国各地の案件に対応しております。

勿論、愛媛や高知などの四国地方もOKですからね。

<後悔しない敷金トラブル>

・価格は出品者が設定したものです。また、古書には、年月の経過による

紙の変質などがある場合があります。購入前にコメント欄の記載、

コンディション、価格などの条件を必ずご確認のうえ、ご不明な点は出品者に

お問い合わせください。

・古書の出品コンディションは通常の書籍の出品コンディションと異なっています。

古書をご購入の前には、出品者にコンディションの確認をされることをおすすめいたします。  コンディション・ガイドラインはこちら。

・表示のタイトル、定価などの書誌情報は発売当時の情報をもとにしております。

あらかじめご了承ください。
交通事故保険の交渉の仕方

ダイエット

はげ

パチンコ

パチスロ

敷金トラブルに関しての国土交通省のガイドラインのポイント

・原状回復とは、借り主が居住して発生した建物価値の減少のうち、借り主が故意、過失、通常を超えるような使用による損耗、棄損を復旧すること

・敷金とは、契約時に借り主が賃貸人に家賃の不払いなどに備えて一定の金額を預けること

・ガイドラインには法的な拘束力はなく、原状回復義務を判断する際の参考資料だが、判例をベースに作成されている

・物件全体のハウスクリーニングは、賃貸人が次の入居者を確保するための手段で、賃貸人の負担になる。ただし、借り主が拭き掃除など通常の清掃を行っていることが前提

(犬塚浩著『“賃貸住宅の原状回復ガイドライン”の解説と判断例』をもとに作成。ガイドラインの概要は国交通のホームページで見ることができる)

賃貸住宅経営トラブル解決法―貸家契約締結から立退交渉まで〈平成17年6月改訂〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「管理会社が倒産してしまった!」「入居者が未成年の場合の注意点は?」「借家が火災にあった場合の対処はどうしたらいいの?」「どうすれば滞納家賃を回収できる?」「立退料の算定方法は?」「契約者と入居者が違うみたいだけど…?」「無断で増改築されていたら?」「弁護士に依頼するには、どうしたらいいの?」「定期借家契約の留意点は?」など…賃貸住宅経営に関するさまざまな疑問を解消します。

内容(「MARC」データベースより)
貸家契約締結から立退交渉まで、賃貸住宅経営で生じがちなトラブルや疑問点を示し、それぞれに対する解決法や回答を提案。身近な事例をポイント解説する。最新の法改正や裁判判決に対応した、2003年刊の改訂版。

賃貸トラブル110番―「賃料滞納」「建物明渡し」の何がなんでも解決法 (単行本(ソフトカバー))


ここでは書箱の紹介です。上記の他にこんな本もありましたので



内容(「MARC」データベースより)
賃貸住宅管理業、不動産仲介業に携わる人向けに、借り主とのさまざまなトラブル事例と処理の実際を具体的に解説した実務書。訴訟の手続や契約書の書例など法律関係事項も掲載する。〈ソフトカバー〉

著者 倉橋 隆行
不動産投資を成功させる為には、稼働率を上げることの他、賃料滞納等のリスクを速やかに解 本書は「にじゅういち出版」という実務書を中心に発行している出版社に依頼されて執筆したが、この本は、単なる法律書ではなく、実際に起こった事件を中心に、その解決方法をまとめた、いわゆる「ノウハウ本」である。従来、この手の本は、専門家が書いた法律書の体裁が多いのであるが、実際、我々、現場の不動産投資家、管理者としては、裁判で勝つことが目的ではなく、なるべく早期に解決するノウハウが必要であり、そのような分かりやすい実務書は存在していなかった。そこで、本書については、実務上の処理方法と、法的手続を円滑に進められるよう、訴訟等に必要な書式類を雛型で挿入してあり、非常に分かりやすくしてある。また、訴訟等の手続きも、弁護士に依頼することなく自分でもできるよう、一般の人にも分かりやすい言葉で執筆している。
本書は、初版が出版されてから、かなり時間がたっているが、お陰さまで、全国宅地建物取引業協会や全日本不動産協会、全国賃貸住宅経営協会などで講演する都度、紹介していたせいか、いまでは、一部で教科書として使用してくれているところがあるほどにまでなっている。
本書を執筆したときは、小さな不動産業会社で働いていたが、その間に、その会社の中に新規事業部を立ち上げ、賃貸管理と不動産コンサルティングをかね合わせた新しいスタイルの不動産業を確立した。その後、残念なことに、経営者の考え方が変わってしまい、その会社を離れ、現在、自らのコンセプトにあった不動産コンサルタント会社である(株)CFネッツという会社を経営している。また、テレビCMでお馴染みのマンスリータイプのビジネスホテルのネットワーク「月極倶楽部」という会社も経営しいる。また、日本国内に海外の不動産運用技術を導入しようとJREM国際CPM協会というのを設立し、2002年の会長も務めさせていただいている。また、社団法人 全国賃貸住宅経営協会の神奈川連合会の副会長も務めさせて頂いてもいる。気が付けば、現在、会社を4社、その他、法人役員を2社務めており、これらの根底には、やはり不動産投資の技術や、管理運用技術、そしてリスクマネジメント技術の実績は大きく役立ってきたといえる。

私自身、親から貰ったものなど何もなく、リスクを抱えながら不動産投資によって、自らの資産を築いてきた。そういう意味では、他の不動産投資家よりは、金銭的にリアルでシビアな経営をしてきたのかもしれない。

本書が、個人の不動産投資家や、賃貸仲介業者、不動産管理業者の実務家の方に役立つことを期待し、また、従来のような素人じみた不動産投資ではなく、成熟した不動産投資市場がこの日本にも形成されることを期待している。
不動産オーナーや不動産投資を実践している人、これから不動産投資を実践しようとしている人も、ぜひ、ご一読願いたい。

もちろん、現在、賃貸トラブルに遭遇している人には、打ってつけの特効薬になることは、間違いありません。

相互リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。